台風の影響でガラス修理をする人は多い~雨と風による被害~

悪天時に考えられる被害事例

雨や風の強さによって、ガラス破損による被害の大きさは変わってきます。被害が大きくなると、ガラス修理も大変になります。ここで雨天時の被害事例と強風時の被害事例を確認して、その怖さを知っておきましょう。

雨天時の被害事例
雨が強い日にガラスが割れしまうと、本棚や書類が水浸しになったり、パソコンやテレビなどの家電が故障したりします。風が強いと、窓から遠い所にある物まで濡らしてしまいます。
強風時の被害事例
強風時の被害としては、割れたガラスの飛散や部屋にある物の飛散、天井が飛ばされるなどがあります。ガラス破損していることで、通常よりも部屋に風が入りやすくなり、被害が大きくなってしまうのです。

最も恐ろしいのが台風時のガラス破損

ガラス破損しているときに、最も被害が大きくなるのが、台風時です。台風は、雨と風の両方が強いので、上記で挙げた被害が1度に襲ってくるのです。ガラスの破片が飛び散ることで、部屋の中はガラスだらけになり、踏んでケガをする恐れがあります。また、ガラスが散らばるだけではなく、あらゆる物が飛び散ったり、雨に濡れたりするので部屋が荒れた状態になってしまうでしょう。

万が一に備えて対策しておくことが大事

雨風や台風などの被害から家を守るためにも、普段から対策方法を考えておくことが大切です。手軽に購入できる対策グッズが、防風ネットです。防風ネットをベランダや窓のある壁の上から覆って、固定することで、飛んでくる物から窓を守って、ガラスの破損を防ぐことができます。ガラス専用の強化フィルムを活用して、ガラス自体の強度を上げるという対策法もあります。ガラスが割れにくくなりますし、割れた場合でも被害は最小限に抑えられます。

TOPボタン