自分できるガラス破損の対策~ガラス修理までにするべきこと~

業者が見つからない場合の対処法

業者が見つからなかったり、すぐにガラス修理に対応してくれなかったりする場合は、自分で対処しなければなりません。パニックにならないように、適切な対処方法を確認しておきましょう。

雨風除けの対処を行なう

濡れたガラス

ガラスが割れた状態を放置しておくと、雨が部屋の中に入ってきてしまいます。その応急処置としてできるのが、ダンボールやビニールによる雨除けです。割れた部分を、ダンボールやビニールで塞いでおくだけで、被害の拡大を防ぐことができます。台風などの雨風が強い日には、業者を利用する人が多く、依頼をしてもすぐに対応してくれない可能性が高いです。そういう場合に、応急処置を行なことで、ある程度の時間は雨を凌ぐことができます。

二次災害への拡大を防ぐ

ガラスが割れたときの二次災害として、割れたガラスによるケガがあります。通路近くのガラスが破損した場合は、通行人がケガする可能性がありますし、窓枠に残っているガラスの破片を触ってケガする恐れもあります。このような二次災害への拡大を防ぐためにも、怪我防止の張り紙を貼っておきましょう。家族がわかるようにはもちろん、外からでもガラスが割れていることがわかるように、怪我防止の張り紙をすることで多くの人に危険を知らせることができます。

防犯対策も忘れずに

家の窓ガラスが割れてしまうと、外から簡単に侵入されやすくなるので、防犯対策も忘れずに行なう必要があります。

窓ガラスが割れてしまっているので、応急処置がしたいです。すぐに出来る防犯対策をおしえてください!
家にある家具やお風呂の蓋、レインコートなどで窓面を覆うという方法です。背が高く、重さがある家具なら大きい窓でも覆えますし、簡単に動かせないので十分な対策になります。蓋やシートなどで、窓面の全てを覆えない場合は、ガムテープを使って繋げるという方法もあります。身近な物でも、工夫することで防犯対策はできるのです。
TOPボタン