ガラス修理の費用を抑えよう~実は火災保険が適用されます~

風災によるガラス破損は火災保険が適用される

自然災害時にガラスが割れたとき

火災保険の風災補償は、ガラス破損も適用されます。風災補償とは、台風や突風、強風雨などによって建物や家財が被害を受けた際に補償金を貰える保険サービスになります。費用を抑えることができるのでチェックしておきましょう。

風で飛んできた物で、ガラスが破損してしまいました。またベランダやカーポートが壊れたてしまったときにはどんな補償がしてもらえるのですか?
火災保険を有効活用することで、費用を抑えてガラス修理を行なうことができます。火災保険で、風災によるガラス破損を補償してもらえることはあまり知られていません。知っていたとしても手間と考えて申請しない方が多いです。しかし台風や強風が多い地域では、何度もガラス破損をして、何度も自費でガラス修理をしていると費用負担が大きくなってしまいます。そう考えると、保険を利用したほうがいいでしょう。

耐久性のある窓ガラスへの交換も効果的

一戸建てやマンションには、板ガラスが使用されていることが多いです。板ガラスの強度は、並程度なので、台風や強風によって割れてしまう可能性が高いです。その板ガラスから、耐久性のある窓ガラスに交換することで、風災による心配を減らせます。

耐久性のある窓ガラスの特徴

ガラス

耐久性のある窓ガラスは、強化ガラスや合わせガラスなどがあります。強化ガラスとは、板ガラスの強度を向上させたガラスで、合わせガラスとはガラスの間にプラスチックの膜を挟んで接着したガラスです。これらの耐久性のある窓ガラスは、防犯ガラスとしてもよく使用されているほど、割れにくくなっています。そのため防犯対策としても効果がありますし、風災によるガラス破損対策としても活用できます。

TOPボタン